重要なお知らせエリアを非表示

Jaane Matane ジャーネマタネ:お揃いを楽しむ 小銭入れ・カードケース・ポーチ

25年間使い続けた宝物

私がこのポーチを作ろうと思った理由の物語です。

大学時代のこと。
私の初めての海外旅行はカナダでした。
カナダドルを入れる財布を持っていなかったので、現地のコンビニで小さなコインケースを買いました。

コンパクトで引っ掛かりもなく、ポケットに入れておけるし、とても便利に使えました。
四角い形や柄も可愛い。
必要に迫られて、慌てて買ったものですが、とても気に入りました。

その後、海外旅行の際には、必ず持って行ったものです。

やがて結婚し、子供ができてからは海外旅行にはぱったりと行けなくなりました。
コインケースの出番も少なくなりました。

-------------

子育てでバタバタと忙しい毎日を過ごし、あっという間に月日は流れました。

長男が小学生になり、おつかいデビューする日がやってきました。
お財布を渡さなければなりません。

そんな時に、あのコインケースがちょうどいいことを思い出し、待たせました。
スーパーはすぐ近所にあるので、窓からそっと見守っていたのを思い出します。
ドキドキしながら。

数年後、長女のおつかいデビューの日がやってきて、同じ思いで見守りました。
同じコインケースを持たせて。

そしてまた数年後には、次女にも。

そのコインケースには私の思いがいっぱい詰まっています。

子供達にはその後も何度もお使いに行ってもらいましたが、その度に同じコインケースを持たせていました。

生地は少々くたびれてきたものの、何年も使えて、丈夫だなと感心するようになりました。

ところが、25年経ったある日、バネの調子がとうとう悪くなってしまったのです!
かなりショックでした。

同じ形のものを買いたいと探しましたが、デザイン的に気に入るものが見つからず。

自分で作るしかないと思い立ちました。

それほど気に入っていたということが、25年の歳月を経て知ったのでした。

Access アクセス

Jaane Mataneはオンラインショップです。地図は事務所のものになります。